日本各地で「コロナ特需」が発生、パチンコや観光に「流れるはずだった無駄金」で急成長する業界続出

1 : 2020/07/20(月) 11:23:41.45 VyoUy2DB0.net BE:422186189-PLT(12015)
ニトリ本店(「Wikipedia」より/禁樹なずな)

家具・インテリアチェーンのニトリホールディングス(HD)の20年3〜5月期の連結決算は、
売上高が前年同期比3.9%増の1737億円、営業利益が22.3%増の372億円、純利益は25.4%増の255億円だった。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府の緊急事態宣言を受け、最大で110店舗が臨時休業したものの、
巣ごもり需要や在宅勤務向けの家具の販売が伸び、EC(電子商取引)も好調に推移した。

具体的には収納整理やキッチン・ダイニング用品、ホームオフィス家具が売れた。在宅勤務の増加に伴い
パソコンデスクやワークチェアなどがよく動いた。臨時休業の受け皿としてECが機能した。
週によっては通販が前年比2.7倍と大きく伸び、3〜5月期全体では40.9%増の168億円と過去最高となった。

似鳥昭雄会長は記者会見で、コロナ特需ともいえる好決算について、
「家の中にいることが増え、長く使っていた家具を改めて買い替えたり、インテリアのコーディネートをし
直したりという家庭もあった」と説明した。

一方で「こういう状態がずっと続くとは思っていない」とし、「来期(22年2月期)も増収増益をするために
今から手を打っていく」と述べた。

https://biz-journal.jp/2020/07/post_166717.html